〔2.新会社の会社代表者印を準備する〕新会社の印鑑は、どのようなものが必要なのですか。

会社代表者印が必ず必要となります。
全部で4つの印鑑を用意しましょう。

(1)会社代表者印
(2)銀行印
(3)角印
(4)ゴム印

解説

4つの印鑑 

(1)会社代表者印

会社の印鑑として法務局に届け出る印鑑で、会社の「実印」にあたります。
大きさに決まりがあり、1cmの正方形に収まらず、3cmの正方形に収まることが必要です。
通常は、商号の中に「代表取締役之印」と彫られたものを使用します。

(2)銀行印

銀行口座開設などの際に用いる印鑑です。経理上使用するのに便利なため、代表者印とは別に用意します。

(3)角印

会社の認印として、一般事務や伝票処理等に簡易的に用いるものです。

(4)ゴム印

会社の商号、住所、電話番号、代表者名等が記載されたスタンプで、契約書や各種届出書の記名欄等に押印して使用するものです。

印鑑届書の作成

会社代表者印は、 株式会社設立登記申請書の提出と同時に、法務局に対して届出を行います。
法務省のホームページから印鑑(改印)届書の書式をダウンロードし、記載例に従って届出書を作成しましょう。

参考:

商業・法人登記簿謄本、登記事項証明書(代表者事項証明書を含む)、印鑑証明書の交付等の申請>申請書様式・記載例>印鑑に関する届出>印鑑(改印)届書

Category:会社法 , 設立

TAGS:株式会社設立