倒産

豊富な破産管財業務経験を活かして会社・代表者を守ります

「会社を破産させる。」この決断は容易ではありません。 破産した後の債権者からの責任追及、その後の生活の不安…。 これらを考えると、破産に踏み切るに躊躇してしまう気持ちはよく分かります。 しかし、現在の破産手続きは、弁護士が債権者の矢面に立ち、驚くほど短期間に終結します。 これまでの資金繰りなどの悩みが嘘のように解決します。 無理な延命は、かえって債権者に迷惑をかけ、本来、会社とは関係のない家族まで巻き込むことになります。 ぜひ、早めに当事務所にご相談ください。