謹賀新年

知的財産権

あけましておめでとうございます



今年は日本を覆う「どんより感」が晴れればと祈っています。





さて,今年の正月は,上越のスキー場で迎えました。

大晦日からの大雪でひざ下までの新雪でしたが,元旦の朝7時にスノーボードを担いで山を登りました。リフトも始動前で誰もいない静かなゲレンデを登っていくのも,登りきってバージンスノーを降りてくるのも気分のよいものです(リフト3機分ですが)。



結局,3日水曜日まで毎朝これを繰り返しました。



ホテルの売店のお菓子売り場では,写真の「おいしいミルククッキー(自称)」を見つけました。



画像
【おいしいミルククッキー】




お笑い芸人さんの肖像とネタのフリーライドと思われます。

正月早々あまり考えたくないと思いつつ,



Q なぜ,顔がクマなのか?



A パブリシティー権や肖像権の侵害を指摘されないように顔の描写は避けたのか。これだとパブリシティー権侵害の可能性は残るかも・・・,でもクマである理論的な根拠がわからないな。2008年はネズミ年なのに・・・



Q 著作権侵害はどうだろうか?



A 日本法だと,表現が媒体に固定されている必要はないから,お笑いのネタをそのままコピーして実演すれば権利侵害になりうるはずだ。これは,実演の録画でもないし,禁止する条文がないかもしれないな。倫理的にはともかく,違法とはいえないかもね。



...などと自問自答していました。



PS.反対説があればぜひお寄せください m(__)m 



[弁護士 古田 利雄]

Category:知的財産権

著者
クレア法律事務所>
クレア法律事務所

クレア法律事務所のスタッフブログです。

その他のブログ記事

最新ブログ記事