発明の定義

特許法における発明とは,「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」をいいます。 技術思想すなわち「アイデア」が保護の対象ですが,全ての「アイデア」が保護の対象となるのではなく,「創作性」が大前提であることは言うまでもありません。 そのほか,特許法で保護される発明としては,新規性や進歩性,先願性などが必要です。 以下の説明は,特許法上保護される発明であることを前提とします。

平成21年3月

Category:職務発明