電話でのお問い合わせは、携帯・PHS OKのフリーコール 0120-134-901 クレア法律事務所まで。
【予約制】平日夜間・土曜の法律相談も承ります。

【法律相談】 

・平日(9:00〜20:00)
・土曜(9:00〜17:00)
ご予約は、電話(平日、土・日・祝日9:00〜24:00)、またはお問合せボタン(24時間受付)よりどうぞ。

プライバシーマーク

契約書を作成する際の基礎知識

契約書作成のチェックポイント

よい契約書を作成するためには、以下のようなチェックポイントの確認が重要です。

各ポイントについて解説します。

契約・契約書の意味を理解していますか?

契約とは

契約とは、「相対立する関係にある当事者が一定の法的効力を生じさせることを目的として相互に意思表示を合致させること(申込と承諾)によって成立する法律行為」、 「私法上の効果を発生させる合意であり、裁判所によってその履行が保護されるもの」などと定義されます。

この定義より、契約を締結する際には以下の点に注意することが重要であることがわかります。

○ 当事者間で特定の法律行為に向けた意思の合致にずれがないか
○ 合意事項が、裁判所によって保護され得る妥当なものか

契約書の意味

日本の法律では、たいていの契約は契約書をつくらなくても口頭の合意で成立します。
文房具や服を買う場合のように、その場限りで決済が終わるような簡単なものであれば、契約書を作るまでのことはありません。

しかし、ある程度複雑な契約であるにも拘らず契約書の作成を怠った場合、相手方から、「話し合いをしただけで契約まではしていない。」と言われたり、「ここまでの作業はそちらでしてくれるのではなかったのか。」とクレームを受けたり、相手方の要求にしたがって途中で契約内容を変えても、費用を相手方に請求することができないなどのトラブルに巻き込まれる危険が高まります。

このため、ある程度複雑な契約、特にビジネス契約においては、当事者双方の役割分担をはっきりさせ、それを契約書の形で残しておくことが重要です。

こんなときはご相談下さい

弁護士は、契約書に記載された内容のチェックを行い、御社の権利を守るために問題のある点がないか、不足する点がないかどうか専門家の目で確認します。

例えば、契約書に期限の利益喪失条項がなければ、相手方が分割払を怠ったり、第三者が差押えなどの法的手段を取ったとしても、直ちに残債権全額の支払いを求めることができませんし、訴訟管轄が遠隔地に定められていれば、法的手続を行うために不必要なコストを負担しなければなりません。

当事務所では、契約書の法的な問題点を専門家の目でチェックしたり、実際の取引に適合する契約書のドラフト(作成)を承ります。
作業の流れや各契約書毎の平均的な作業時間、費用など、詳しくは【契約書のドラフト・レビュー】をご覧ください。
お問い合わせください

契約書作成の基本的注意点をおさえていますか?

契約書を作成する際に注意すべき基本事項

契約書を作成する際に注意すべき基本事項は以下のとおりです。

  1. 契約の要素となる事項が5W1Hにそって具体的に表現されているか
    〜特に目的物(仕様や要件定義)やサービスは十分特定されているか〜
  2. 用語の定義などの表現は裁判所などの紛争処理機関に理解されるものか
  3. 紛争になった場合、リスクを適切に制限できているか
  4. 契約内容が会社法や独禁法ガイドラインなどの法令に抵触するものでないか
  5. 実際に契約を結ぶ相手方の権限に問題がないか
  6. 他のスキームとの関係において税効果を評価したか

こんなときはご相談下さい

例えば、上記のとおり、「紛争になった場合、リスクを適切に制限できているか」という点は契約書作成時の基本的注意事項ですが、法律の専門家でない限り、それを確認するのはなかなか大変なことです。
弁護士は、契約書に記載された内容のチェックを行い、上記の基本的注意事項をはじめ、御社の権利を守るために問題のある点がないか、不足する点がないかどうか専門家の目で確認します。

当事務所では、契約書の法的な問題点を専門家の目でチェックしたり、実際の取引に適合する契約書のドラフト(作成)を承ります。
作業の流れや各契約書毎の平均的な作業時間、費用など、詳しくは【契約書のドラフト・レビュー】をご覧ください。

いわゆる一般条項について理解していますか?

一般条項とは?

一般条項とは、それぞれのビジネス契約の特色や特殊性にあまり影響されない一般的で標準的な条項をいいます。

当事務所では、契約書の法的な問題点を専門家の目でチェックしたり、実際の取引に適合する契約書のドラフト(作成)を承ります。
作業の流れや各契約書毎の平均的な作業時間、費用など、詳しくは【契約書のドラフト・レビュー】をご覧ください。
お問い合わせください



以下、代表的な一般条項をご紹介します。

定義条項

定義条項では、契約者双方の解釈が異なる可能性のある用語について、正確な定義を与えていきます。
定義条項の狙いは、双方の解釈の違いから発生する将来の紛争の予防にあります。
契約書の冒頭で重要用語を規定しておいたほうが契約の構成上わかりやすいことから、通常、定義条項は、契約書の第1条に規定されます。

【例】
第1条(定義)
 本契約において、次の語句は下記の意味を有するものとする。
 1 「ソフトウェア」:×××××。

契約期間条項

販売店契約、継続的売買契約、ライセンス契約、フランチャイズ契約などにおいては、契約期間の定め及びその更新方法の定めが重要です。
現実的にも、契約期間(特に予想しない時期の途中解除)や更新の有無から生じる問題は重大であり、ここから発生する紛争は後を絶ちません。 契約の内容に応じて、どのような契約期間の規定がふさわしいかを熟考し、適切な契約期間を定めましょう。

【例】契約期間を1年とし、1年毎の自動更新とする条項
第○条(契約期間)
 本契約は、契約の日から1年間有効とする。
ただし、本契約またはその契約延長の満了日の6ヶ月前までに、当事者の一方が相手方に対し、本契約を終了させる旨の書面による通知をして終了させない限り、自動的に1年ずつ更新されるものとする。

譲渡禁止条項

当事者間の信頼関係が重要な契約において、契約の相手方が変わるというのは重大な事態です。
変更後の契約相手方の履行能力や誠実さ、所在地等、契約がスムーズに履行されるかどうかに対する影響は計り知れません。
契約書を作成する際には、契約の内容や期間を考慮し、以下のようなパターンから契約譲渡についての基本的な方針の選択を行います。

・双方とも相手方の事前の同意なしに譲渡することを禁止する
・一定範囲の関連会社への譲渡は事前の同意なしに可能とする
・譲渡した後も元の契約者が責任を負担し続けることなどを条件に譲渡を認める、など。

【例】 双方とも相手方の事前の同意なしに譲渡することを禁止する条項
第○条(契約譲渡制限)
 本契約または本契約のいずれの部分も、相手方の書面による事前の同意がなければ譲渡できないものとする。かかる同意なしになされた譲渡は無効とする。

秘密保持条項

契約の各段階において、秘密情報を相手方に提供したり、相手方より提供される機会があります。
そのような場合に備え、第三者に漏洩されれば営業に支障が出る危険のある情報については秘密を保持するという義務を課すのが秘密保持条項の役割です。
ここではごく簡単な例をご紹介します。 詳しくは「秘密保持契約書」をご参照ください。

【例】 簡潔な秘密保持条項
第○条(秘密保持)
 甲および乙は、本契約に基づいて相手方より提供された情報を秘密として取り扱い、その管理に必要な処置を講ずるものとする。

保証条項

売買契約書や開発請負契約書において、納入品が第三者の知的財産権を侵害していないことを保証する条項を保証条項といいます。
しかし、売主や請負人が、第三者の知的財産権の内容を全て把握することは非常に困難です。
このため、保証条項を設ける場合、売主側や請負人側としては、「侵害しないものであることを保証する。」と明言することは避け、「侵害しないよう万全の注意を払う。」などという記載に留めておくことをお勧めします。

知的財産権とは?

【例】 乙の保証努力義務を定める条項
第○条(保証)
 乙は、納入品が第三者の特許権その他の知的財産権を侵害しないよう万全の注意を払う。

契約解除条項

契約期間中、相手方の倒産や重大な契約違反といった契約を解除しなければ対応できない事態が生じることがありますが、 あらかじめ、解除できる場合を契約書で決めておけば、解除の有効性を巡る紛争の防止に役立ちます。
解除事由とするかどうかを検討すべき事項は、契約の種類によって異なりますが、一般的には、相手方の経営状態の変化(倒産など)、他の契約条項違反などが挙げられます。

【例】
第○条(解除)
 甲または乙は、相手方に次の各号に該当する事由が生じた場合、なんらの催告なくして直ちに本契約および本契約に基づく個々の契約の全部または一部を解除し、かつ、それによって生じた損害の賠償を相手方に請求することができる。
 1 本契約又は個別契約に違反したとき。
 2 破産・民事再生・会社更生等の倒産手続きの申立てを受けたとき又は自ら申立てをしたとき。
 ・・・

損害賠償の制限条項

契約内容に違反があると損害賠償の問題が生じます。
債務不履行における損害賠償の範囲は、民法等に規定されていますが、これをそのまま適用すると、違反者側が非常に大きな賠償責任を負う危険性があります。
このため、損害賠償の範囲を当事者の合意の範囲に限定する機能を果たすのが損害賠償の制限条項です。

【例】 損害賠償の範囲を契約金額に限定する条項
第○条(損害賠償の制限)
 甲または乙が本契約を履行する上で相手方または第三者に損害を与えた場合、損害を与えた者は、契約金額を限度としてその賠償の責めに任ずるものとする。

相殺条項

例えば、商品の売買契約において、買主側が売主に対する損害賠償を主張し、その請求額と商品の代金を相殺してしまうと、売主側のキャッシュフローに思わぬ影響を与える可能性があります。
このような不都合を回避するには、相殺禁止条項を規定し、損害賠償請求権の有無については別途解決するよう導くことが考えられます。
一方、相殺を行うには、原則として、相殺適状に達していることが必要ですが、相互に債権債務を有するに至った場合に、弁済期の有無を問わず対当額で相殺しうる旨定めておくことも可能です。 これを相殺予約条項といいます。
また、国際取引では、契約書で相殺の権利そのものがあることを明確にしておくのが、後の紛争防止に有効といえます。

相殺とは?
相殺適状とは?

【例1】 乙(買主)からの相殺を禁止する条項
第○条(相殺禁止)
 甲(売主)が乙(買主)に債務を負担する場合、乙は、本債権と甲が乙に対して負担する債務とを相殺する権利はないものとする。

【例2】 弁済期の到来を待たずに相殺可能とする条項
第○条(相殺予約)
 甲(売主)が乙(買主)に債務を負担する場合、甲は、本債権の弁済期が到来すると否とを問わず、本債権と甲が乙に対して負担する債務とを対当額にて相殺することができる。

タックス条項

国際取引では、税金にかかわる問題が重要になります。
具体的には、誰が支払うかという問題、支払った額を誰が負担するかという問題がありますが、決定方法としては、税金の種類により負担者を決める方法、賦課する当局の国籍により税金の負担者を決める方法などが考えられます。
どのように税金に対応していくのかは個々のビジネス毎に判断が求められる問題で、慎重な検討が必要です。

【例】 それぞれの税法により課税された当事者が税法に従って支払い、負担するとする条項
第○条(税金)
 本契約に従って甲および乙が遂行する個別の営業活動から生ずる税金は、適用法によりその税金が課される当事者により負担され、支払われるものとする。

準拠法条項

準拠法条項は、海外取引において重要な役割を担う条項です。
他国の相手方と契約を締結する場合、どの国(または州)の法を採用するかはビジネス上の判断次第ですが、自国(あるいは州)の法律、相手方の国(あるいは州)の法律または当事者双方が知っている第三国(あるいは州)の法律を準拠法とすることが考えられます。

準拠法とは?

【例】 日本法を準拠法とする条項
第○条(準拠法)
 本契約は日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとする。

訴訟管轄条項

当事者双方の住所が離れている場合、管轄裁判所がどこであるかは、万が一紛争に発展した場合の負担の大きさを左右する問題です。 このため、自己の訴訟進行に有利な裁判所を合意管轄として定めることを置くことをお勧めします。

管轄裁判所とは?
合意管轄とは?

【例】 東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする条項
第○条(合意管轄裁判所)
 本契約に関し訴訟の必要が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

反社会的勢力排除条項

暴力団をはじめとする反社会的勢力と一切の関係をもたないことは、今日の企業倫理として重要ですが、暴力団の資金獲得活動の巧妙化などにより、暴力団関係企業等と知らずに取引を行ってしまう可能性があります。
このため、契約締結後に相手方が反社会的勢力であることが判明した場合には、無催告解除ができるように定めておくことが効果的です。

【例】 無催告解除条項のひとつとして反社会的勢力排除を盛り込んだ条項
第○条(無催告解除)
 甲および乙は、相手方に次の各号の一に該当する事由が生じたときは、何らの催告を要せず、本契約を直ちに解除することができる。 この場合、解除により相手方に発生した損害を賠償する責任を一切負わないものとする。
 1 ×××××。
 2 ×××××。
 3 ×××××。
 4 甲または乙の営業もしくは経営に暴力団を関与させ、またはこれらの者の事業拠点への出入りを許容したとき。

誠実協議条項

誠実協議条項は、契約者双方の信頼関係に基づき、契約書に定めのない問題等が発生した場合には当事者間の協議でその解決をはかるとするものです。
日本の法律では、必ずしも書面のみを重視せず、裁判においても口頭証拠による立証の余地を残していますが、問題が発生した場合に解決に費やす時間等のロスを最小限にするため、契約書にはできるだけ詳細に権利義務を定めることをお勧めします。

【例】
第○条(誠実協議)
 本契約に定めのない事項または疑義が生じた事項について、甲および乙は、相互に誠意を持って協議し、その解決をはかるものとする。


[弁護士法人クレア法律事務所]ホーム > 会社を守る契約書作成のポイント > 契約書を作成する際の基礎知識